日本授業UD学会東京について

​趣旨


すべては、子どもたちのために

日本全国の通常の学級では、目の前の子どもたちのために、楽しく「わかる・できる」授業をつくりたいと、どの教師も、日々努力しています。

しかし、文部科学省の調査でも明らかになったように、どの学級にも、発達障害の可能性がある子がいると言われています。学力が劣りがちな子もいます。こうした特別な支援が必要な子を含めて、通常学級の授業を進めることが、すべての教師が取り組むべき切実な課題になっています。

授業のユニバーサルデザイン(以下授業UDとする)とは「特別な支援が必要な子を含めて、通常学級の全員の子が、楽しく学び合い『わかる・できる』ことを目指す授業デザイン」です。ご存じのように、ユニバーサルデザインとは、建築物や製品のデザインから生まれた考え方ですが、それを授業づくりの考え方にも生かすというものです。

例えば、階段のスロープ、水道の蛇口などのユニバーサルデザインの例からもわかるように、特別な支援が必要な子のつまずきを想定した上での授業の工夫は、学級の他の子にも役立つことが多いです。また、授業では、曖昧ではなくて、明示的に教えることが大切です。このことは、特別な支援が必要な子に対しても良い支援になります。授業UDを通して、理解力に優れる子が学び直しをしたり本質的な理解をしたりすることも少なくありません。

つまり、特別な支援が必要な子を含めた、すべての子の学び合いの追究には、通常学級の授業の質を、より一層向上させる可能性があると考えているのです。

実を言うと、授業UDとは、「授業の方法」レベルの工夫ではありません。すべての教師が「発達障害可能性のある子を含めて、全員参加の授業をつくることが大切である」と、納得して了解できるような考え方、言わば、すべての教師が目指すべき「教育の哲学」だとも言えるでしょう。

この「日本授業UD学会」の設立の目的は、2つあります。一つは授業UDに関する「知見の蓄積」です。もう一つは、授業UDに関する知見を生かした「授業力の向上」です。

公開授業を参観しながら学び合う「授業UD研究全国大会」の開催、カリキュラムに基づいて授業力を積み上げていく「授業UDカレッジ」の開催、そして授業UDに関する知見を蓄積していく「学会誌『授業UD研究』」の発刊など、魅力ある様々な事業を通して、日本全国の教師たちが学び合える場にしたいと考えています。

また「日本授業UD学会」の「日本」という文言には、「国際」的な研究活動も視野に入れるという意味も込めています。授業UDは、我が国だけではなく、国際的にも重要視されていく考え方だと思います。

授業UD研究が進展することによって、授業で「わかった!」「できた!」「次は~したい!」という声や笑顔が、日本全国の子どもたちから生まれることを心から願っています。

あなたも、授業UD研究について、一緒に学び合いませんか。

すべては、子どもたちのために。

すべては、子どもたちの笑顔のために。

すべては、子どもたちの未来のために。

                   日本授業UD学会 理事長・東京支部長 桂 聖

Q:授業UDとは、何ですか?

A:授業UDとは、「特別な支援が必要な子を含めて、通常学級におけるすべての子が楽しく学び合い『わかる・できる』ことを目指す授業デザイン」であり、指導の理念です。
 

Q:授業UDとは、指導方法ですか?

A:違います。
  指導の理念です。通常学級を担当するどの教師も目指すべき、言わば、教育の哲学だと言えるでしょう。こうした指導の理念に対しては、様々な指導方法があるべきです。
  毎年開催している「全国大会」では、各教科の公開授業に基づいて、子どもに合った指導方法の有効性を議論しています。会員が自由に発表したり議論したりする場も設けています。また、学会誌『授業UD研究』において、様々な知見を蓄積することを目指しています。
  授業UDは、画一的な指導方法ではありません。
 

Q:授業UDには、決まった指導方法がありますか?

A:ありません。
  例えば「焦点化・視覚化・共有化」(桂2011)の視点で授業をつくることで、全体指導の効果が上がることもあります。しかし、すべての子に対応できるわけではありません。絶対的なものでもありません。当然ですが、一人ひとりの学び方に応じた個別指導も重要です。
  また、子ども一人ひとりが、自分に合った学び方を選べる学習環境を教師が整えることも大切です。このことが、子どもたちの多様な教育的ニーズに対応することにつながります。
  大事なのは、目の前の子どもやクラスに応じて、教師が適切な指導方法を工夫し続けることです。
 

Q:授業UDでは、黒板の周りに掲示物を貼ってはいけないのですか。

A:そんなことはありません。
  目の前の子どもやクラスの実態によります。例えば、視覚情報に関する選択的注意が難しい子がいれば、そうした方がいいかもしれません。しかし、もしもそんな子がいないなら、貼る、貼らない、どちらでも構いません。
  こうした学習環境の整備も大事ですが、それよりも最も大事なのは、掲示物が気にならないほど「楽しくて学び合う授業」が実現することです。
  繰り返しになりますが、授業UDには「〜しなければならない」という指導方法はありません。あくまでも「目の前の子どもの学び方に合った指導を工夫し続けること」が大切です。
 

Q:授業UDの実現には、何が必要でしょうか。

A:「教科教育」「特別支援教育」「学級経営」、これら3つの教師の専門性を高めることが必要です。
  授業UDの実現には、「教科の本質に根ざすこと」「子ども一人ひとりの学び方に応じること」「支え合う人間関係や学習環境の整備すること」、こうした観点から授業をデザインしていくことが不可欠です。
  本学会では、「授業UDカレッジ」として、こうした3つの専門性を系統的・体系的に学べる機会を提供しています。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now